文字サイズ|標準
特別養護老人ホーム「志木瑞穂の森」 平成27年4月開設 (運営/社会福祉法人 さくら瑞穂会)
交通アクセス
サイトマップ
 
当院は、医療療養型病院です。
医療・看護・介護と専門的リハビリテーションを融合し、
重度な疾患であっても安心して療養できる環境を、ご提供しています。

充実したスタッフ体制
理学療法士8名、作業療法士3名、言語聴覚士2名、
看護師26名
言語障害・嚥下障害に対応
病気の重症化・高齢化に伴う言語障害と嚥下障害に
専門スタッフが対応いたします。
病院連携・法人内連携で、
自宅復帰後サポートも万全
地域(病院・診療所)との連携と法人内連携が充実。
自宅復帰後のサポート体制も万全です。
在宅患者さんへのサービス提供も
在宅患者さんへの短期集中医療・リハビリテーションの提供と、
その後の在宅生活のサポートもおこなっています。
病院概要
名 称
城南中央病院
開設者
医療法人 瑞穂会 理事長 穂坂 邦夫
病院長
後藤 邦宣
開設日
昭和59年(1984年)4月
診療科目
内科
病床数
100床 (療養型 : 医療保険)
施設基準
脳血管リハビリテーション I
運動器リハビリテーション II
臨床実習施設
○理学療法士実習施設 ○作業療法士実習施設
○言語聴覚士実習施設 ○看護師実習施設
褥瘡対策について
平成14年9月より、褥瘡対策委員会が発足いたしました。
発足当時は褥瘡に関する情報が少なく、手探り状態での活動でしたが、
勉強会参加など、知識と経験を重ね、多数の褥瘡を治癒へと導いていくことができました。
当院の褥瘡のケースは、在宅や他院からの持ち込みがほとんどを占めています。
褥瘡に伴う苦痛を一日も早く軽減させ、治癒へ向けて全スタッフが一丸となってケアに努めさせていただきたいと思います。
名称 褥瘡対策委員会
目的 当院内での褥瘡患者の発生を防止し、また、既に生じてしまった褥瘡患者に対して、その治療を効果的に行い、患者の生活の質を向上させることを目的とする。また、職員の褥瘡に対する知識や技術の向上を図る。
構成 医師、看護師、栄養士、リハビリテーション課、薬剤師、事務職員
発足 平成14年9月
活動内容 ○褥瘡患者の回診、創部の評価・指導
○月1回定期委員会の開催(1ヶ月間の入院患者の褥瘡リスクと発生状況の報告)
○体圧分散マットレスの適切な選択と管理
○勉強会の開催(不定期)
栄養サポートについて
当院では、さまざまな疾患に伴い摂食嚥下障害をきたしたり、年齢を重ねるとともに食が細くなったりと、
必要な栄養を充分に摂ることが難しい患者様がいらっしゃいます。
もちろん、栄養状態が悪ければ病気は改善しませんし、床ずれなど新たな問題を引き起こす可能性があります。

栄養サポートチーム(NST)は、このような方に対し、
個々に栄養状態を把握し、適切な栄養方法を検討し、栄養状態の改善・治療促進を目的として立ち上がりました。
医師、看護師、栄養士、ケアワーカー、言語聴覚士が主なメンバーです。

どのような工夫をすれば安全に充分な量を食べていくことができるのか、1回の食事量なのか環境なのか嗜好なのか……
栄養補助食品が必要なのか、代償方法(胃瘻など)が必要なのか……
検討すべきことは各々の患者様によってさまざまです。
患者様御本人・御家族様にも御協力いただき、より良い方法を探っていきたいと考えています。
 
医療法人 瑞穂会 城南中央病院  〒350-1138 埼玉県川越市中台元町1-16-11  TEL.049-245-3551(代表) FAX.049-241-7282
Copylight Mizuhokail All Rights Reserved.