文字サイズ|標準
交通アクセス
サイトマップ
 
全86件中 73-80 を表示
2013-09-30
「退院前嚥下マネジメント」 始めました

自宅へ退院される摂食・嚥下障害(飲み込みの障害)をお持ちの方・ご家族様へ、その方に適した飲み込みやすい食物調理の工夫について、当院管理栄養士・言語聴覚士立会いのもと、実践を通して伝達させて頂きます。

当院5階ADL室にて、ミキサー食の作り方や刻み食の作り方など、実際にご家族様にご調理頂きながらアドバイスいたします。ケアマネジャーさんにも同席頂き、退院後のフォローアップや在宅サービスの検討も併せてご相談させていただきます。

退院後もご本人様のみならずご家族様も安全で楽しくお食事頂くために、今後も励んで参りたいと思います。

栄養課・言語聴覚療法課一同

2013-01-31
2013年1月24日 埼玉県言語聴覚士会 平成24年度第4回西部地区研修会が開催されました

1月24日(木)に「平成24年度第4回言語聴覚士西部地区研修会」が川越リハビリテーション病院にて開催されました。

全7施設、14名が参加され、当院から1例の症例発表後、症例に関してのグループディスカッションが行われました。ディスカッションでは「非経口摂取の患者様に対するSTの取り組み」に関してのテーマが挙がり、各グループとも活発な意見が交わされました。

今年度の研修会では全4回を当院で行い、1〜2例の症例検討会を中心に実施しました。多くの病院・施設で働くSTが集まり、お互いに意見を交わせる関係が築けるようになり、とても有意義な1年間となりました。

来年度も実り多き研修会になるよう、企画していきたいと思います。

2012-12-10
2012年11月22日・23日 第36回日本高次脳機能障害学会学術総会にて、演題発表を行いました

11月22日・23日、第36回日本高次脳機能障害学会学術総会にて、演題発表を行いました。

演題名:
『左被殻出血後に特異な失読を呈した失語症の1例』

臨床業務での疑問を解決したいという気持ちから、演題発表をする決意に至りました。当日は貴重な意見も頂き、新しい発見・課題が見つかる機会となりました。今後も研究を継続・発展させていきたいと思います。

言語聴覚士 村田和人

2012-11-10
2012年10月25日 埼玉県言語聴覚士会 平成24年度第3回西部地区研修会が開催されました

10月25日(木)に「平成24年度第3回言語聴覚士西部地区・研修会」が川越リハビリテーション病院にて開催されました。

全10施設、27名が参加され、当院から1例、狭山神経内科病院から1例の症例発表後、グループに分かれ、テーマに関してのディスカッションが行われました。ディスカッションでは「維持期におけるSTの役割」に関してのテーマが挙がり、各グループとも活発な意見が交わされました。

今回は急性期・回復期・維持期で働くSTが集まり、それぞれのステージごとの視点からのご意見が集まり、とても有意義な研修会となりました。

次回は1月に当院を会場として研修会を開催予定です。ご興味のある先生方の参加を心よりお待ちしております。

2012-10-20
2012年10月6日 第22回認知リハビリテーション研究会で演題発表を行いました

10月6日、慶応義塾大学病院で開催された第22回認知リハビリテーション研究会で、演題発表を行いました。

演題名 :
『前脳基底部健忘症例に対する「reality orientation & self awareness movie」を用いた認知リハビリテーション』

発表に至る過程で、共同演者の先生方から直接ご指導を頂けたことや、発表当日、認知リハビリテーションにおける第一線の先生方からのご意見・ご指摘を頂けたことは、大変貴重な経験となり、健忘症を深く学ぶことができました。今後は研究方法を見直し、深めるとともに、事例を重ね、継続的かつ発展的に進めていきたいと思います。

言語聴覚士 大森智裕

2012-10-15
2012年9月12日 職員の防災意識向上のために、地震体験を行いました

東日本大震災から1年半が経過し、私たちの生活は以前と変わらなくなってきました。震災直後は非常に高かった防災意識もだんだんと薄れてきているように思われます。

そこで、職員の防災意識を再度高めようと、9月12日に川越地区消防組合所有の「川越なまず号」を派遣していただき、地震体験を行いました。

当日は100名近い職員が参加し、消防隊員から地震についての講話をいただいた後、4名ずつグループに分かれて最大震度7までの揺れを体験しました。

揺られている間はついつい楽しんでしまいましたが、体験後は「勤務中に今の揺れが起きたら何ができる?」、「患者様の安全確保はどうしたらよい?」など、各グループで活発に意見交換を行っていました。

院長も参加しました
院長も参加しました
2012-08-10
2012年7月26日 埼玉県言語聴覚士会 平成24年度第2回西部地区研修会が開催されました

7月26日に、「平成24年度第2回ST西部地区・研修会」が、川越リハビリテーション病院にて開催されました。

全6施設、19名が参加され、各施設の紹介と当院からの1例の症例発表後、グループに分かれ、テーマに関してのディスカッションが行われました。

前回と同様に各グループとも活発な意見が交わされ、とても有意義な研修会となりました。

今後は10月・1月に当院を会場として研修会を開催予定です。ご興味のある先生方の参加を心よりお待ちしております。

2012-06-10
2012年5月13日 埼玉県言語聴覚士会 第9回総会・学術集会が開催されました

平成24年5月13日に、「さいたま市民会館おおみや」にて、第9回埼玉県言語聴覚士会総会・学術集会が開催されました。

県内各地から多くのSTが参加される中、「前脳基底部健忘症例に対する前向性記憶ムービーの導入」という題目のもと、演題発表を行わせて頂きました。

発表に至るまでの過程や、発表後に得た質問・意見などを通じて、普段の臨床を振り返り、演題発表という形にまとめることの大切さを改めて感じました。

言語聴覚士 大森智裕

全86件中 73-80 を表示
医療法人 瑞穂会 川越リハビリテーション病院  〒350-1138 埼玉県川越市中台元町1-9-12 TEL.049-245-3555(代表) FAX.049-245-2288
Copylight Mizuhokail All Rights Reserved.